『ヴェノム』 10月22日(月)ジャパンプレミア・ブラックカーペットイベント開催 中村獅童さん、完全ヴェノム化で降臨!

プレスリリース

このページを印刷する

<報道資料>

Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc.

2018年10月22日
株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

世界中で巻き起こるヴェノム旋風が、遂に日本上陸!
中村獅童さん、完全ヴェノム化で降臨!
諏訪部順一さん&中川翔子さんも
その “悪”っぷりを大絶賛!!
さらに、主題歌を担当したUVERworldもプレミア参戦!
熱狂と恐怖の渦に包み込まれる!
《10月22日(月)ジャパンプレミア・ブラックカーペットイベント開催》

ヴェノム

 

スパイダーマン最大の宿敵であり、悪の魅力あふれるダークヒーローとして新たに誕生するマーベル最新作『ヴェノム』が11月2日(金)に待望の日本公開。10月3日より各国で公開されるや驚異的な大ヒットを記録し世界中で『ヴェノム』旋風を巻き起こしています。

日本公開に先立ち、10月22日(月)夕刻に、六本木ヒルズアリーナにてジャパンプレミアを実施しました。ヴェノムの日本語吹替版声優を務めた中村獅童さん、トム・ハーディ演じる主人公エディの吹替を務めた人気声優の諏訪部順一さん、そしてミシェル・ウィリアムズ演じるヒロイン、アン役の中川翔子さんら豪華吹替版キャストが集結。さらには日本語吹替版主題歌を手掛けるUVERworldも揃って応援に駆け付けました。

六本木ヒルズアリーナで行われたジャパンプレミア・ブラックカーペットイベントでは、巨大なヴェノムを乗せた大型トラックの前に、まずは、日本語吹替版キャストの諏訪部順一さん、中川翔子さんの二人が登壇。かねてよりマーベル作品の大ファンだと公言している中川さんは「トム・ハーディの彼女役です、最高です!」と喜びのコメント。二人に遅れて舞台に近づくのは、圧倒的な“悪”として君臨するヴェノム!?ざわつく会場を背に颯爽と舞台に登壇し、振り向いたのは本作でヴェノムの声を担当した中村獅童さん。特製ヴェノムスーツに身を包み、ヴェノムの半顔マスクをつけた中村さんは「13時30分から支度してます」とヴェノムへ変身することに並々ならぬ気合があった様子。さらに「なかなか温かいです」とヴェノムスーツの快適さをコメントし、会場の笑いを誘いました。完全に“悪”に染まった中村さんの姿を目にした諏訪部さんは「日本中のちびっこはおしっこをもらしてしまうかもしれないですね」、中川さんは「巨大なヴェノムに勝る程の“悪”としての存在感!」と興奮を抑えきれない様子で感想を述べ、さらにエレベーターに乗った際、真後ろがヴェノムスーツ姿の中村さんだったという中川さんは「死ぬかと思いました」と中村さんの“悪”の姿を絶賛しました。

会場に広がる驚きと興奮のなか、スパイダーマン好きとして知られる中村さんは最大の宿敵である“ヴェノム”の声優に抜擢されたことに「最大の宿敵ですからね、責任とプレッシャーをすごく感じました」と語るも、「スパイダーマンが大好きなので、少しでも関われたのが嬉しい。微力ながらも力になれたらという気持ちで精一杯やらせて頂きました」と、十分気合が感じられました。マーベル映画初主演を飾った諏訪部さんは、エディとヴェノムが一体となる=中村獅童さんとの一体化について「たまらないですね。非常にいいバディ、という感じのヴェノムとエディになっています。劇中でも獅童さんともそういう表現ができたと思っています」と中村さんとのコンビネーションの良さをアピールしました。さらに、アンの声優のオファーが舞い込んだ際はリアルに万歳をしたという中川さんは、本作への意気込みを「顔が浮かばないよう、没頭できるように、何度も何度も納得いくまで監督にビシバシやって頂くよう頑張りました」と熱く語りました。

本作の出来上がりを中村さんは「めちゃくちゃ面白いですよ。大きなスクリーンで体感してもらいたい」、諏訪部さんも「怖い部分もありますが、男女問わずホラーが苦手という方でもみんなで楽しめる映画に出来上がっています」と絶賛のコメント。さらに、中川さんは「マーベル映画を気になっているけど、観ていない女子のみなさんにもおススメしたい!トム・ハーディの色気、中村さん諏訪部さんお2人の掛け合い、そしてヒロインのアンもすごくぶっ飛んでます!」と本作のおススメポイントを紹介しました。さらに中村さん演じるヴェノムの悪役っぷりを「こんな人に寄生されたら正気ではいられないんじゃないか」とコメントしました。

興奮も落ち着き、和やかな雰囲気でイベントが進むなか、司会の「スペシャルゲストが駆け付けてくれました」の一言で登場したのは、本作の日本語吹替版主題歌を担当したUVERworld。再び会場のボルテージが一気に上昇するなか、本作がハリウッド映画への初めての楽曲提供となったことについて、ボーカルのTAKUYA∞さんが「みんな驚いて、すごく嬉しかったですし、大好きなマーベルの作品ですから気合を入れて話し合って取り組みました」と熱意あるコメント。また、「ヴェノムの世界感を崩さないよう、自分たちにないものを出していけるように想いを込めて作りました」と、ヴェノムの世界観にマッチした本楽曲を作成した想いを述べました。会場大興奮の中、ブラックカーペットに繰り出した日本人キャスト達は終始黄色い声援を浴び、その見た目で大きな注目の的となった中村獅童さんもメディア取材やファンとの交流を楽しんでいました。

ブラックカーペットから舞台上に戻ってきた中川さんが「レッドでもグリーンでもなくてブラック!カーペットまでがヴェノムの“悪”に染まる日がくるなんて、最高ですね!」と本日の感想を述べ、最後に中村さんが「僕の大好きなスパイダーマンの最大の宿敵を演じられて最高でした」と本作に関われた喜びを語り、「マーベル史上最も残虐な“悪”の存在です。1つのボディに2つのキャラクターが宿るダークヒーロー。皆さんぜひ映画館で作品を楽しんでください!」と本作の魅力をPRしました。

中村さんがUVERworldのメンバーと肩を抱き合うなど仲睦まじい様子を見せるなか、イベントの最後を締めくくったのは、観客とのコール&レスポンス。練習中、「みなさま、ご唱和ください!1,2…」とアントニオ猪木のモノマネで会場を温めた中村さんが「俺たちは!」と大きな声で呼びかけると、会場は拳を高く上げながら「ヴェノムだ!」と声を揃えて中村さんに応えました。これに続いて中村さんが「ヴェノムトラック、始動!」と叫ぶと、UVERworldが手掛ける本作の主題歌「GOOD and EVIL」が流れ出し、巨大なヴェノムを乗せたトラックがゆっくりと動き出しました。“獅童”と“始動”をかけた合図で、日本中に“最悪”を届けに会場を後にするトラックを見送り、イベントは幕を閉じました。

■タイトル:『ヴェノム』 原題:VENOM  全米公開:10月5日
■監督:ルーベン・フライシャー (『L.A. ギャング ストーリー』『ゾンビランド』)
■脚本:スコット・ローゼンバーグ&ジェフ・ピンクナー(『アメイジング・スパイダーマン2』)、ケリー・マーセル(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』)、ウィル・ビール(『L.A. ギャング ストーリー』)
■キャスト:トム・ハーディ(『マッドマックス 怒りのデス・ロード』)、ミシェル・ウィリアムズ(『グレイテスト・ショーマン』)、リズ・アーメッド(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』)、スコット・ヘイズ、リード・スコット
■公式twitter: https://twitter.com/VenomMovieJP/ 
■公式Facebook: https://www.facebook.com/VenomMovieJP/
■公式サイト:http://www.venom-movie.jp/                          
©&TM 2018 MARVEL

11月2日(金) 全国ロードショー

配給・宣伝:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 映画マーケティング部 
<オンラインパブリシティ>フラッグ